切らないから痛くない

ワキガの原因になっているのは、脇の下などにあるアポクリン腺です。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があり、そのうちアポクリン腺から排出される汗には匂いの原因となるアンモニアなどが含まれていて、これらが分解されることで臭いが発生することになります。ワキガ体質の人はアポクリン腺の数が多く、数を減らすことで改善されると考えられています。臭いを抑えるだけでなく、根本的に原因を断ちたい場合は外科手術によってアポクリン腺を取り除くことが多いです。皮膚を切開する方法は確実にアポクリン腺を取り除けますが大きな傷跡が残るデメリットもあり、小さな傷跡で済む方法ではアポクリン腺が残りやすく、最良と言える方法はありません。

美容皮膚科では多くの場合、メスで切らない方法を採用しています。傷口が小さく日常生活に支障が出ないレーザー治療が人気です。1mmほどのカニューレという器具を挿入して直接汗腺にレーザーを照射して破壊しますが、軽いワキガの場合は脇の下のレーザー脱毛で症状が改善することもあります。レーザー以外にはボトックス注射によって汗腺の働きを抑える方法もあり、両方を組み合わせる病院も多いです。ボトックス注射は持続期間が短いので繰り返し行う必要がありますが、手軽で身体への負担も少なく、子供でも可能な治療法です